MENU

遺品整理が出来る

実家から出て親とは別に暮らしているひとも多いのではないでしょうか?実家に親が一人で暮らしているという場合、亡くなった後の遺品整理は親族である自分が行わなければいけません。

 

しかし、思い出が詰まった品々がたくさんあり、どれを処分していいのか分からない、気持ちが沈んで手を付けられないという問題が起こってしまうこともあります。

 

もし他に兄弟がいたりすれば、それぞれ親族への形見分けを行うための選別も行う必要があるでしょう。実家が古くなってしまっている場合は、家を潰してしまうという選択を行わなければいけません。

 

そこで引越し業者にお願いして荷物を運び出してもらうというお願いをすることも出来ますが、実はこの遺品整理には特別な資格が必要です。

 

大切な思い出が詰まっていますので、出来れば遺品供養なども行ってくれる引越し業者が理想的と言えます。

 

また、オプションで面倒な行政手続きまで引越し作業と一緒に行ってくれる所もあります。しかし、業者を選ぶ際に注意して頂きたいポイントがあります。

 

それは、遺品整理をお願いした際に、必ず業者が箱詰めする時に同席するようにするという事です。

 

そこで残すものはどれか、形見分けで他の場所に送らなければいけないものを選別します。大切なものを処分されたというトラブルが発生してしまう可能性もあります。

 

また、見積もりの時の金額と違ったというトラブルもありますので、しっかりとどこまでが有料かどうか確認をしておきましょう。

このページの先頭へ