MENU

ダンボールのみの引越し

実家を出て初めての一人暮らし・離婚等、家具は新しく買い替える場合。また単身赴任等、家具付きの賃貸への引越しの場合。

 

小物だけダンボールに詰めての引越しになる事がほとんどです。そういったダンボールのみでの引越しにおすすめなのは断然、宅配業者。

 

ダンボールのみでの限られた引越しならば、引越し業者に依頼するよりも、宅配業者に依頼する方が格段に引越し料金が安くなります。引越し業者と宅配業者との違いの一つで大きなのは作業員の数です。

 

宅配業者の場合、ドライバーが一人来て、そのドライバーが作業をします。引越し業者の場合はドライバーと別に作業員がついてきます。その分だけでも引越し料金に差がつくのは当然ですね。

 

そこで、宅配業者に依頼する場合の注意点。一人で運べる荷物のみということになります。そしてしっかりと箱に梱包されている事。

 

電子レンジや32型の薄型テレビ等、小さな家電も箱に入っていて一人で運べる物なら輸送が可能です。

 

デメリットとしては、どんなに近距離でも宅配業者に預けたその日には引越し先に荷物が運ばれない事。積み替えがあるので荷物が破損するリスクが高まる事。ダンボール等に梱包出来ない物がない事に限られる事。

 

メリットは料金が格段に抑えられる事。見積もりの必要が無く、すぐに引越しする事ができる事。

 

ダンボールのみでの小規模の引越しの場合には引越し業者に依頼するよりも、宅配業者に依頼する方が断然おすすめです。

このページの先頭へ